汐見木材株式会社 ご相談・お問い合せはお気軽に 06-6531-3683
サイトマップ お問い合せ

ヒノキ(桧・檜)の等級

●特選無節

木表使いで[節のない]無欠点材です。
杢の劣るものや裏節による目(杢)流れ等が入らない様、厳選された等級です。

●無節(並)

木表使いで、特選無節と違い若干の欠点となる杢の劣る(根杢等)ものや、裏節による目流れ等が入る[節のない]等級です。
※決して特選無節と比べ見劣りする等級ではありません。

特選無節

●特上小節

木表使いで、生き節はほぼ無くヌケ節(8〜20o位)を埋め木処理(最大1Mに1.5個以下位)にて仕上げた等級です。
※決して無節材と比べ期待を裏切らない等級です。

特上小節

●小節(上小節)

木表使いで、生き節(25o位まで)があり、ヌケ節(15〜25o位)を埋め木処理(最大1Mに2個以下位)にて仕上げた等級です。
※「特一節完全補修よりも節の少ないものを」と言われる方に最適です。

小節(上小節)

●節-完全補修(特小節)

ほぼ木表使いの芯去り(丸太の芯をはずす事を言います)で、生き節とヌケ節を埋め木処理にて節を仕上げた完全補修品です。(節板ですので生き節とヌケ節の大きさに特に制限は設けておりませんが極端に巨大な節はありません)
※いわゆる節板と言われる等級です。

節-完全補修(特小節)

●無節上小

木表使いで、無節と特上小の原板を使用しており、ほとんどが無節材でヌケ節に埋木処理を施し仕上げた箇所を若干含んだ等級です。

無節上小

スギ(杉)の等級

●無節上小(源平)

木表使いで、ほとんど節の無い源平の板です。
生き節等は無く、8割近くは節の無い材で2割以下程度の材にヌケ節を埋め木処理にて仕上げた等級です。

無節上小(源平)

●生き節(源平)

ほぼ木表使いの源平の節板です。
この等級では無垢材の特徴である節がまばらにあり、カケ節を含みますが、カケ節の多いものやヌケ節のあるものが入らないように選別した等級です。

生き節(源平)

●特一節完全補修(源平)

ほぼ木表使いで源平の節板です。ヌケ節を埋め木処理にて仕上げたカケ節なしの等級です。 (節板ですので生き節とヌケ節の大きさに特に制限は設けておりませんが極端に巨大な節はありません)
※いわゆる節板と言われる等級です。

特一節完全補修(源平)

●特一節完全補修(赤味)

木表使いでオール赤味の節板です。ヌケ節を埋め木処理にて仕上げたカケ節なしの等級です。(節板ですので生き節とヌケ節の大きさに特に制限は設けておりませんが極端に巨大な節はありません)
※赤味だけを集めた厳選された等級です。
※ いわゆる節板と言われる等級です。

特一節完全補修(赤味

●一等(源平)

ほぼ木表使いで源平の節板です。カケ節を含みますがヌケ節の無い等級です。

一等(源平)

赤松の等級

●無節上小

原産国:ロシア極東シベリア
木表使いでほぼ無節の等級です。目合い等の関係で無節上小と表現しています。
※日本では色物と言われる無節板は欠かせないアイテムです。

無節上小

●小節

原産国:ロシア極東シベリア
木表使いの芯去りで節の量及び大きさを制限した等級です。丸節25o程度まで、流れ節10×30o程度までが一枚の板に8個程度有り、生き節等級よりも節の量、大きさが制限されています。

小節

●生き節

原産国:スウェーデン
木表、木裏使いを含んだ節がまばらに有る等級です。赤松の特徴である生き節がほぼ等間隔に有り、カケ節を含みますが、カケ節の多いものやヌケ節のあるものが入らないように選別された等級です。
原産国:ロシア極東シベリア
ほぼ木表使いで芯持ちを含む節板と言われる等級です。生き節は丸節50o程度まで、流れ節25×50o程度まで、カケ節は丸節30o程度まで、流れ節10×30o程度までが一枚の板に無制限に有ります。

生き節

ハードウッドの等級

●ハードウッド特選

木表・木裏使いを含み、板目・柾目込みで節は無く、カスリ・ブルー等の欠点もほぼ無い等級です。
※無欠点材でほぼ色等を揃えて継ぎ合せていますので安心してご使用になれる製品です。

ハードウッド特選

●ハードウッドエコ

木表・木裏使いを含み、板目・柾目込みで、特選製品の素材を選別した時にでるカスリやブルー(藍)等が中心の等級です。
※着色塗装をすればほぼ目立たなくなりますので、店舗等や一般住宅の着色塗装を用いる現場には十分ですし、エコロジーで何よりも安価な製品です。

ハードウッドエコ

●ハードウッド美節

木表・木裏使いを含み、板目・柾目込みで、広葉樹製品では珍しく節の有る等級です。

ハードウッド美節

用語説明

●木表使い

丸太の状態で外側を製品の化粧面に使うこと


●木裏使い

丸太の状態で内側を製品の化粧面に使うこと


●源平

丸太の辺材の白太部分と芯材の赤味(紅色)部分が混在すること
源平合戦の「源氏の赤旗」、「平家の白旗」にちなんでこう言います。


●赤味

丸太の心材の赤味(紅色)の部分のみを使って製品にしたもの


●SOLIDタイプ

ソリッド(SOLID)とは、ユニ(UNI)タイプと違い一枚の状態で縦にも横にも継ぎ合せていない形状のものを言います。
なお、弊社製品でユニ(UNI)タイプと表示していない物は全てこのソリッド(SOLID)タイプに当たり、もちろんムク材製品ですので制限なしに使用できる(建築基準法規格対象外)商品です。


●ユニタイプ

長さの短いもので約200o、長いもので約600o前後の板を縦方向にのみ継ぎ合せ、定尺の1820oに成型した商品です。
なお、ムク材のユニ(UNI)タイプは制限なしに使用できる(建築基準法規格対象外)商品です。
※逆に横に接いだFJLタイプと呼ばれる商品は、建築基準法規格対象品で使用制限を受けます。


●ハードウッド

広葉樹を原板にした製品


●本実(ほんざね)加工

実の出ている方がオス実、引っ込んでいる方がメス実と呼ばれています。フローリングの加工形状は全てこの形状で、目地が突き付けの状態になります。


●底目(そこめ)加工

目すかし加工とも言われ、壁材として使われる際に本実のように目地が突き付けの状態では収縮によって目地が開いてしまうことがあります。これを防ぐ為、事前に目地を透かして逃げをとる方法としてよく用いられます。


●V底目(そこめ)加工

底目加工の一種で面を大きくとったもの


●新V底目(そこめ)加工

貼りあがりの状態はV底目加工と同じですが、従来の底目加工では底目の目地部分に釘を打たなければならず、貼りあがった後、釘後が見えていたのを解消することができる[釘後を隠す]形状です。


●Z相削底目(あいじゃくりそこめ)加工

従来の相削加工は全て断面上の角が直角であった為、表面からの「のうてん打ち」と言はれる釘打ちでしか板を止めることができなかったのですが、裏の隠れる部分をZ状の傾斜にすることで、それぞれの板が噛み合うようになり釘後を隠すことができるようになりました。また、施工性がよく、現場での施工時間短縮にもつながるようになりました。


●圧密(熱圧)加工

圧密(熱圧)加工とは、材の表面を高熱と圧力を加える事により、年輪の硬さの違いから夏目冬目が凹凸のうずくり状に仕上がる上に表面硬度が向上。その上で材本来の弾力性と調湿・断熱効果を生かす事の出来る特殊技術です。


●圧密(熱圧)加工の天然クリアー塗装

圧密(熱圧)加工最大の欠点である水(一滴の水滴でも落とすとその部分が膨れ上がります)による復元現象を加工後表面に天然クリアー塗装仕上げで克服※しています。
※但し、長時間の水濡れや繰返しによる水との接触には、天然クリアー塗装仕上げのため防ぎきる事は出来ません。

ページトップ
汐見木材株式会社 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江3-17-8
TEL:06-6531-3683 FAX:06-6531-3519 E-MAIL:info@403.jp URL:http://www.403.jp/