汐見木材株式会社 ご相談・お問い合せはお気軽に 06-6531-3683
サイトマップ お問い合せ

無垢材活用のメリット

無垢材は空間の湿気を調湿する機能を持つため、住居をカビやダニから守ってくれます。また、無垢材の活用は、化学物質で作られた新建材などに比べ、呼吸器や皮膚への刺激も少ないため、健康的な住まいを得ることができるのです。
国産の無垢材は、計画伐採により環境への影響も少なく、廃棄する時点でも充分に再利用できる理想的な環境循環型資源です。自然に培われた資源だからこそ、人がその空間に「癒しを感じる」ことができるのです。ぜひ一度「無垢材」による健康住空間を体感してください。

無垢材による家づくりをお考えのユーザー様へ

無垢材を内装材で使う場合にはいくつかの工程があります。

以上、大きく分けて6つの工程ある訳ですが、この中でユーザー様が快適にその空間で生活を送るには、
特に3番の乾燥から6番の施工までが大切なのです。

ページトップ
●乾燥

乾燥の方法としては、自然(天然)乾燥と乾燥機による人工乾燥の二つがあります。
この2つにはそれぞれに長所短所がありますが、十分に乾燥させなければならない事には変わりありません。

ご注意

いくら無垢材でも未乾燥の場合、樹種によっては施工後にカビが生える事があります。こうなればカビの発生を止める事が出来たとしてもカビのあとが残ることがあります。また、カビが生えなかったとしても施工後の乾燥による収縮によって、継目で床下が見えるほど隙間が空いてきます。この様な事が我慢出来なければ、再施工による張替しか方法はありません。しかし、天然乾燥・人工乾燥のどちらで乾燥させていたとしても無垢材は呼吸をしますので、軽微な隙間が空いてきます。これに関してはユーザー様のご理解をいただかなければなりません。

●無垢材の選別

ここ数年、この工程に時間を費やしていく事が多くなったのですが、内装用に製材された原板がすべて内装材になれるわけではなく、サイズダウンさせるものやひと手間加えるもの、全く製品にならないもの等の選別をしなければならないのです。よくホームセンターの木材売場で売れ残りの曲がった材料を多く見かけられると思いますが、これは低価格での納品を強制されている納入業者が価格優先で、この工程を省いているためで、困った事にお店はお店で物の良し悪しに関係なく、ある一定まで在庫が無くならなければ、新たに入荷させないため、曲がっている物はより曲がり、そこそこの物でも曲がって行く事になるのです。

●加工

この工程はユーザー様にとってなかなか解りづらい所だと思いますが、加工は経験が物を言う所で、刃物の研ぎ立ての時とそうでない場合の時だけでも違いが出ることがあります。樹種によって0.05mm単位で調整しなければ、目違いなどが起こってくるのです。

●現場での施工

ここからはユーザー様がご自分の目で確認できる所です。しかし、ユーザー様がいくら施工に関する知識を持っていても、なかなか現場の施工スタッフにあれこれ指示を出すことは難しい事だと思います。そこでユーザー様の依頼する業者の選択が重要となってきます。そのポイントは無垢内装材の経験のある業者で、過去に自社で請負った現場や写真を紹介できる事、また流行だけで薦めていない業者は、無垢材に対してのこだわりを持っているはずですので、そのこだわりをじっくり聞いてみる事も選択肢のひとつとなってくると思います。

ご注意

無垢材の選別から現場施工まではある程度の経験が必要で、経験の浅い者がたずさわると大体同じような症状が現れてきます。それは目違いで、床材であればユーザー様が素足で歩かれた時に違和感を覚えられる事となります。これらは加工の不具合や施工での下地の不備・施工方法の間違いによって起こる木材のソリによって引き起こされてきます。しかし、無垢材は呼吸をしますので、軽微なソリによる目違いはユーザー様のご理解をいただかなければなりません。

ページトップ

無垢材の呼吸とは

日本の住宅は戦後、大量の住宅を供給するために最初にご紹介した工程の時間の短縮、無垢材が呼吸する事による収縮や軽微のソリを「クレーム」と間違った解釈をしたことなどにより、無垢材の対極である呼吸しない新建材と呼ばれる物が永く使われてきました。しかし、近頃になって呼吸しない新建材が人体に影響があると言われ始め、また環境問題も重なって、地域(国産)材の無垢材が見直されてきたのです。
新建材は呼吸をせず、収縮等がないため、形としては安定しています。しかし安定させるために合板等に人体に影響がある接着剤を大量に使用しています。新建材は呼吸する性質は持たないものの、材質は安定しているしているため、現場の施工スタッフは簡単に施工する事が出来ました。
無垢材による呼吸とは室内の湿気を吸ったり吐いたりする事を言います。この呼吸する時に無垢材は膨れたり痩せたり反ったりするのですが、乾燥の所で述べた通り十分に乾燥させておけば収縮率は小さく抑える事は出来ます。とは言え、やはり軽微なソリや痩せが発生するのも事実で、ユーザー様が新建材の空間を見なれていたとすれば、軽微なソリや痩せが気になるかも知れません。呼吸する事等によって得られるメリットと合わせてご理解をいただきたいと思います。
しかし、一般現場の施工スタッフの中で無垢材の内装材を使いこなせる人が少なくなっているのも事実です。最近流行りだけでいい加減な材料で施工し重大なクレームでも「無垢はこんな物」と言っていい逃れる業者がいると聞きます。この様な事は同じ業界の者として腹立たしいと共に恥ずかしい事だと思っています。
ページトップ
汐見木材株式会社 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江3-17-8
TEL:06-6531-3683 FAX:06-6531-3519 E-MAIL:info@403.jp URL:http://www.403.jp/